~毎月1本ハブラシ交換~

ヘッドから毛先がハミ出していたら交換しましょう

  • 毛先が開いたハブラシは汚れを落とす力が低下します。図のようにしてハブラシの毛の反対側から見てチェックすると、毛先の開き具合がよくわかります。使用期間にかかわらず、ヘッドから毛先がハミ出していたら交換するようにしましょう。


わずかな毛の開きでも汚れを落とす力がダウン

ライオンの調査では、「毛先が広がらなかったのでハブラシを交換しなかった」という回答(前述)が多く見られましたが、ハブラシはわずかな毛の開きでも汚れを落とす力が弱まることがあります。ライオンが行なったモデル実験では、1か月相当使用したハブラシは、写真のようなわずかな毛の開きでも、新しいハブラシと比較して、汚れを落とす力が約2割低下※1していました。※1 顎模型を用いた清掃力試験で評価

※ライオンのオーラルケアマイスターは生活情報を監修しております

「1か月に一度」のハブラシ交換を習慣に!

せっかく歯をみがくのですから、汚れはきちんと落としたいですよね。でも、使い続けたハブラシで歯をみがくのは、毛が開いたほうきで掃除をするようなもの。それでは汚れはきちんと落とせません。毎日使ったハブラシは1か月を目安に交換しましょう。 合言葉は、「毎月8日は歯ブラシ交換デー」。歯(ハ)のゴロ合わせで8と覚えてくださいね。 歯とお口の健康維持のために、これからは定期的なハブラシの交換を習慣にしませんか。

※ライオンのオーラルケアマイスターは生活情報を監修しております

そのほかの特集はこちら

バックナンバー

くらしに役立つ生活情報はこちら

この記事を作成・監修したマイスター 
LIONオーラルケアマイスター 平野正徳

当記事はライオン株式会社が作成・監修しています。

その他のおすすめ