カインズ>カインズ How to>DIY>ワイヤーアート チキンバスケット編み

カインズ how to ワイヤーアート チキンバスケット編み

  • 表紙
  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4
  • 完成
必要なものリスト
  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4
  • 完成

ワイヤーアートとは

ワイヤーアート(ワイヤークラフト)は、ワイヤー(針金)とペンチを使って、生活雑貨を作ったり、装飾を施したりするアートです。
ワイヤー(針金)とペンチだけで作れます。基本の動作をいくつか覚えれば、様々なものを作ることができます。

今回は、3号の陶器鉢に、チキンバスケット編みをし、プランターカバーを制作します。
趣のある、観葉植物用のオリジナル鉢になります。1時間以内でできます。

POINT

針金の先端やペンチの取り扱いには、怪我のないよう十分に注意してください。

必要な道具を揃える

ワイヤーアート チキンバスケット編みに必要なものを揃えましょう

LIST

ワイヤーアート チキンバスケット編みに
必要なもの
  • ワイヤー(針金)
  • ペンチ
あると便利なもの
  • ビー玉
  • 3号の鉢
  • メジャー

今回はワイヤーアート チキンバスケット編みをご紹介します

画像:ワイヤーアート チキンバスケット編み 材料

今回は以下の商品を使います。

  • ワイヤー(針金)
  • ペンチ
  • ビー玉
  • 3号の鉢
  • メジャー
オンライン購入もできる! 商品の写真付一覧はこちら→ 商品一覧を見る

↑ページトップに戻る

STEP1 ワイヤーの準備

ワイヤーを切断する

画像:ワイヤーを切断する 画像:ワイヤーを切断する

ワイヤーをペンチで切断します。
中に入れる鉢の大きさで、長さが異なります。

画像:ワイヤーを切断する

3号鉢の場合、底の直径が、約8センチです。その10倍以上の長さ(今回は、約85cm)にワイヤーをカットします。

POINT

今回は6本のワイヤーで装飾しますので、85cmカットしたワイヤーを6本用意します。
ワイヤーの太さは、1.5mm。
(3号鉢の場合、ワイヤーは6本程度がよいでしょう。ワイヤーの太さは、お好みです)
また、ワイヤーの色は、鉢にあわせて選ぶのがよいでしょう。

ワイヤーを板がけする

画像:ワイヤーを板がけする

ワイヤーを板掛けして、まっすぐに加工します。(ワイヤーアートの基本のひとつです)

POINT

装飾を施しやすくするために、作業台面と板を使って、ころころと軽く転がしながら真っ直ぐに加工します。(これを板掛けといいます)

↑ページトップに戻る

STEP2 編みはじめ

画像:編みはじめ

6本のワイヤーを3本ずつ2組にして、鉢底の中心付近で交差させます。

このとき、ワイヤーの長さの中心付近で交差させます。

底部分を巻き付ける

画像:底部分を巻き付ける

ワイヤー長さの中心部分で、一方のワイヤー組をもう一方のワイヤー組に2回ほど巻き付けます。

POINT

巻き付けたら、ペンチで凹凸をしっかり固定します。(ワイヤーアートの基本動作のひとつです)

画像:底部分を巻き付ける

底面のワイヤーを開く

画像:底面のワイヤーを開く

巻き付けた中心部分を、十分に手で押さえながら、ワイヤーの1本1本を等間隔に開いていきます。

画像:底面のワイヤーを開く

POINT

1本ずつを、90°回転させながら開いていくと広がりやすくなります(傘の骨部分のイメージです)。(ワイヤーアートの基本動作のひとつです)

↑ページトップに戻る

STEP3 編みすすめる

底面を編む

画像:底面を編む 画像:底面を編む

隣合う2本のワイヤーを下から上に、右から左に、同じ方向で編んでいきます。

画像:底面を編む

POINT

2本のワイヤーの両方を、90°ねじるように回転させるとキレイに仕上がります。手で編んでもペンチで編んでも構いません。

鉢の形状に合わせて編む

画像:鉢の形状に合わせて編む 画像:鉢の形状に合わせて編む 画像:鉢の形状に合わせて編む

底が編み上がったら、同じように隣合う2本を同じ方向に編んでいきます。

画像:鉢の形状に合わせて編む

画像:鉢の形状に合わせて編む

POINT

編んでいく網目の形を整えつつ、鉢の上へと編み進んでいきます。

ワイヤーを切断する

画像:ワイヤーを切断する 画像:ワイヤーを切断する

鉢の上部まで編み上げたら上部のワイヤーを同じ長さに切断します。
今回は、この部分で、チャームを下げる部分を作りますので、長めに切断しておきます。

画像:ワイヤーを切断する

2つのワイヤーをねじります。

ねじった部分をペンチで内側に巻き、チャームを吊り下げる部分を作ります。

↑ページトップに戻る

STEP4 仕上げ

チャームの作成

画像:チャームの作成 画像:チャームの作成

ビー玉を使って、外側に吊り下げられるチャームを作成します。
ビー玉の大きさにもよりますが、直径の20倍程度の(この場合ビー玉の直径が約2cmなので、20cm以上)長さをのワイヤーを用意します。
(ワイヤーを切断したあと、板掛けしてまっすぐにしておきます)

画像:チャームの作成

ワイヤーの先端を、ペンチで丸めていきます。(ワイヤーアートの基本動作のひとつです)

ビー玉の直径と同じくらいの大きさまで丸めます。

画像:チャームの作成 画像:チャームの作成

ビー玉を埋め込むようにいれ、先端を落ちないように丸め、少し引きだしておきます。

画像:チャームの作成

もう一方の先端を丸めて下げられるように加工します。

画像:チャームの作成

完成

画像:完成
画像:完成

初めてのチキンバスケット編みはいかがだったでしょうか?
ワイヤー(針金)の太さを少し細めの1.0mm、ビー玉をアクリルビーズにすると、お子様もご一緒に楽しんで頂く事ができます。夏休みなどの自由工作にしても素敵ですね。
完成した作品にお好きな色のアクリル絵の具を塗って楽しむこともできます。

↑ページトップに戻る

今回使用した商品

使用した商品はカインズ店舗、またはオンラインショップにてご購入いただけます。

ツールブック 12ピース

ツールブック 12ピース
(中のペンチとメジャーを使用)

一部の商品の仕様・デザインは予告無く変更になる場合がございます。

カインズの公式Facebookページ
カインズFecebook

ページの先頭に戻る