カインズ>カインズ How to>自転車のパンク修理

カインズ how to 自転車のパンク修理

  • 表紙
  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4
  • 完成
必要なものリスト
  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4
  • 完成

必要な道具を揃える

自転車のパンク修理に必要なものを揃えましょう

LIST

自転車のパンク修理に必要なもの
  • ゴムノリ(ゴム補修剤)
  • 修理パッチ
  • タイヤレバー
  • やすり
  • 虫ゴム(虫ゴム不要バルブ)
  • 水(バケツ等に張ったもの)
  • マーカー
あると便利なもの
  • 作業用手袋

今回は、自転車のパンク修理をご紹介します

画像:自転車のパンク修理 材料

今回は以下の商品を使います。

  • ゴムノリ(ゴム補修剤)
  • 修理パッチ
  • タイヤレバー
  • やすり
  • 虫ゴム(虫ゴム不要バルブ)
  • 水(バケツ等に張ったもの)
  • マーカー
  • 作業用手袋
オンライン購入もできる! 商品の写真付一覧はこちら→ 商品一覧を見る

↑ページトップに戻る

STEP1 チューブを外す

自転車のパンクを疑う前に

画像:自転車のパンクを疑う前に 画像:自転車のパンクを疑う前に

パンク修理の前に、本当にパンクをしているのかをチェックします。タイヤの空気が抜けているからといって、パンクであるとは限りません。バルブをとめているナットの緩みや虫ゴムの劣化も疑います。

袋ナットの緩み

ナットの緩みによる空気の抜けがないこと。

虫ゴムの劣化

虫ゴムのひび割れ、破れがないか確認します。見た目が大丈夫でもゴムの弾性がなくなっていたら交換します。

ナットの緩みもなく、虫ゴムも確認した上で、空気を入れてもすぐにタイヤから空気が抜けてしまう場合は、チューブに穴があいてパンクしていると考えられます。

チューブを外す

画像:チューブを外す 画像:チューブを外す

キャップと袋ナットをはずし、リムナットを緩め、リムからバルブを外します。
チューブをタイヤレバーを2つ使って、リムから外します。

POINT

・バルブ横に1つめのタイヤレバーを固定し、そこからバルブと対角線上、反対方向に、もう1つのタイヤレバーをリムに入れて動かします。
・1/4ほど進んだら、固定していたレバーをすべらせると、比較的簡単にチューブがリムから外れます。

画像:チューブを外す

チューブを引き出す

画像:チューブを引き出す

タイヤを回し、チューブを完全に引き出します。

画像:チューブを引き出す

↑ページトップに戻る

STEP2 修理箇所の特定

チューブに空気を入れる

画像:チューブに空気を入れる

バルブにプランジャーと袋ナットを取り付け、チューブに空気を入れます。

画像:チューブに空気を入れる

画像:チューブに空気を入れる

水につける

画像:水につける 画像:水につける 画像:水につける

水をはった容器を用意して、チューブを少しずつ水に沈め、空気の漏れるところを特定します。

POINT

目印として、バルブのところから行うとよいでしょう。

画像:水につける

漏れている箇所が特定できたら、チューブの空気を抜き、箇所を確定します。

修理箇所の特定

画像:修理箇所の特定

修理箇所をマーカーでマーキングしておきます。

画像:修理箇所の特定

↑ページトップに戻る

STEP3 補修

補修箇所を荒削りします

画像:補修箇所を荒削りします

補修箇所を大きめに紙やすり等で削ります。

POINT

タイヤについている、はく離剤を削り落とします。

補修剤を塗布します

画像:補修剤を塗布します

補修剤(ゴムノリ)を塗布します。

画像:補修剤を塗布します

画像:補修剤を塗布します

マーカーした部分を中心に薄く均等に塗り、揮発するまで1、2分おきます。

POINT

少しドライヤー等を使って乾かしても早く乾きます。

補修剤を乾かしている間に…

画像:補修剤を乾かしている間に…

POINT

ノリを乾かしている間、タイヤにそのほかのキズがないかどうかをチェックします。

画像:補修剤を乾かしている間に…

POINT

バルブの虫ゴムの劣化をチェックします。
劣化している場合は取り替えます。
最近は、虫ゴム不要のバルブもあります。

画像:補修剤を乾かしている間に…

左:虫ゴムあり   右:虫ゴム不要

修理パッチを貼る

画像:修理パッチを貼る

ゴムノリが乾いたら、修理パッチの接着面にホコリや手脂がつかないように気をつけながら、貼ります。
補修修理パッチには大きさがいろいろあります。補修箇所よりも少し大きめのものを貼ります。

修理パッチの裏面をはがして貼ります。

画像:修理パッチを貼る

画像:修理パッチを貼る

画像:修理パッチを貼る

貼り終わったら、タイヤレバーの腹部分で全体を均一にこすって、圧着します。

画像:修理パッチを貼る

チューブに空気を入れて、はがれ等がないことを確認します。
そのあと、表のシールをはがします。

補修の点検

画像:補修の点検

補修箇所を水につけ、空気が漏れていないことを確認します。

POINT

他の箇所の漏れがないか、他の部分のチューブを水につけて確認します。

↑ページトップに戻る

STEP4 チューブの取り付け

チューブの点検

画像:チューブの点検

全体に空気を入れ、水気を拭きとりながら、そのほかの破損等がないか確認します。

タイヤ内部のチェック

画像:タイヤ内部のチェック

リムの内側にある、チューブ保護ゴム(チューブに直接ニップルが当たるのを防ぐゴム)によじれがないか確認します。
(よじれがあると、チューブの破損の原因にもなります)

画像:タイヤ内部のチェック

POINT

このとき、タイヤの内側に貫通している異物や外側の異物もチェックします。

タイヤリムへの取り付け

画像:タイヤリムへの取り付け

チューブの空気を抜き、リムに押し込んでいきます。
よじれないように注意しながら押し込みます。

バルブ部分から入れます。チューブの噛み込みに注意しながら、ナットを取り付けます。このときは仮留めです。

画像:タイヤリムへの取り付け

完成

画像:完成

チューブをタイヤに全体を押し込んでいきます。

画像:完成

画像:完成

全体にチューブが入ったら少し空気を入れてタイヤがリムからはみ出しがないかを確認します。

POINT

指で、もみながら確認することで、リムの間に挟まったチューブを正しい位置に入れることができます。

画像:完成

もう少し空気を全体に入れて、車輪を回転させ、タイヤの取り付けに不具合がないか確認します。

最後にバルブをくみつけ、適正な空気圧まで空気を入れて完成です。

画像:完成

↑ページトップに戻る

今回使用した商品

使用した商品はカインズ店舗、またはオンラインショップにてご購入いただけます。

一部の商品の仕様・デザインは予告無く変更になる場合がございます。
カインズの公式Facebookページ
カインズFecebook

ページの先頭に戻る