カインズ>カインズ How to>手軽にできる小さな畑での野菜作り(どこでも菜園スクエア) vol.2

カインズ how to 手軽にできる小さな畑での野菜作り(どこでも菜園スクエア)vol.2

  • 表紙
  • STEP1
  • STEP2
  • 完成
必要なものリスト
  • STEP1
  • STEP2
  • 完成

必要な道具を揃える

小さな畑での野菜作りに必要な道具を揃えましょう

どこでも菜園スクエアを使った、野菜作りのうち、間引きから収穫までをご紹介します。
ベランダやわずかな庭先でも十分に収穫できます。

LIST

小さな畑作りに必要なもの
  • どこでも菜園スクエア
  • どこでも菜園スクエア 中敷シート
  • 野菜の種各種(ラディッシュ、しゅんぎ、小松菜、チンゲンサイ)
  • 移植コテ
  • 花と野菜を育てる培養土
  • じょうろ
あると便利なもの
  • 計測メジャー
  • 作業用手袋
  • ゴムハンマー

今回は、菜園スクエアを使って、小さな畑での野菜作りをご紹介します

画像:手軽にできる小さな畑での野菜作り 材料

今回は以下の商品を使います。

  • どこでも菜園スクエア
  • どこでも菜園スクエア 中敷シート
  • 花と野菜を育てる培養土
  • じょうろ
  • 野菜の種各種(ラディッシュ、しゅんぎ、小松菜、チンゲンサイ)
  • ゴムハンマー
  • 移植コテ
  • 作業用手袋
オンライン購入もできる! 商品の写真付一覧はこちら→ 商品一覧を見る

↑ページトップに戻る

STEP1 間引きする

POINT

間引きとは…
野菜の苗は、株と株の間に間隔がないと、根が太くならず、また風通しが悪く、病害虫が移りやすくなります。種を多く撒き、発芽させた後、間引きは、数回にわけて行います。

間引き 前

画像:間引き 前

混み合った株の中から、間引く株を決めます。

画像:間引き 前

POINT

混み合った株から、間引くときは、丁寧に抜きます。(ピンセット等を使うこともあります)
残す株を傷つけないようにします。

POINT

間引きする株の目安は、次のとおり。
1. 苗と苗の間隔が、混み合っていて葉が重なり合ってしまう場合(どちから一方を抜く)
2. 細長く、ほかの株より成長しすぎた株
3. 葉の色が薄く、弱々しい株
4 .葉が変形している株

間引き 後

画像:間引き 後

成長に応じて、間引きを繰り返して、最終的には、株間を10センチくらいにします。(写真は、「ラディッシュ」。)

間引いた株は、サラダやおひたしにして食べることもできます。

POINT

しゅんぎく … 短期間で収穫できるので、こまめに間引きします。
小松菜 … 成長に応じて間引きして、最終的には、株間を5センチくらいにします。
チンゲンサイ … 間引いて、本葉4?5枚で株間15センチくらいにします。

↑ページトップに戻る

STEP2 収穫する

収穫する部分を決める

画像:収穫する部分を決める

少しでも長く、新鮮な野菜を楽しむために、わけて収穫します。

POINT

一度にすべてを収穫するよりも、長く楽しめます。

チンゲンサイの収穫

画像:チンゲンサイの収穫

株間を考慮して、間引きながら、収穫します。(間引き収穫)

小松菜の収穫

画像:小松菜の収穫

小松菜も、間引き収穫します。

しゅんぎくの収穫

画像:しゅんぎくの収穫

しゅんぎくは、摘心(株や茎の成長点を切り、より強い成長を促す)収穫をすると、より長く収穫を楽しめます。

ラディッシュの収穫

画像:ラディッシュの収穫

ラディッシュは、根を揺すりながら収穫します。
根を傷つけないよう、優しく抜きましょう。

↑ページトップに戻る

今回使用した商品

使用した商品はカインズ店舗、またはオンラインショップにてご購入いただけます。

培養土

培養土

店頭にて価格をお確かめください。

一部の商品の仕様・デザインは予告無く変更になる場合がございます。

カインズの公式Facebookページ
カインズFecebook

ページの先頭に戻る